Top > 日記 > 構って欲しくて家出の計画

構って欲しくて家出の計画

「親が嫌い」「兄弟が嫌い」と言う訳ではなかったけど、中学生の時なぜか家出をしたかった。反抗期がなかった私、買い物は自ら親を誘って一緒に行っていたくらい家族が大好きだったのに、なぜか「お父さん、お母さんへ」と置き手紙まで書いて家出を計画していた。思えば普通の自分が嫌で、ちょっと親に反発してみたいって思っただけだったのかも。そして家出の準備がとても楽しくて何回も何回も計画をしては着替えを片付けたりしていた。自分の中ではちょっとした冒険気分だったのかもしれない。でもその時は「私が家出をしたらお母さん悲しむかな?」とか考えたりしてちょっと涙ぐんだりしていた。若気の至りだなぁと今では笑い話になっています。 http://xn--4gq3pg8bswfvs1aghf.pw/

日記

関連エントリー
構って欲しくて家出の計画友達からお金を借りたことヘアアイロンの使い方テスト